背景写真 背景写真
湯治宿
湯治宿に泊まってみよう!

伝説では約1200年前に坂上田村麻呂が開いたという台温泉。
昔から、多くの人が心と体の癒しを求めて訪れ、今でも、多くの湯治客が体を休めに訪れています。 吉野屋旅館も、昔から多くの湯治客が泊まりに来ます。
その中には、ゆっくり長期逗留される方から、気軽に田舎の温泉を楽しみたいという方まで、 さまざまな方がいらっしゃいます。本来、当時は長期逗留で疾病を治癒していくとう目的でした。 そのため、自炊で、一日に何度も温泉に入るというものです。
しかし、温泉には体だけではなく心も癒す効果があります。
自然に囲まれた台温泉は、お湯だけではなくさまざまな食材に恵まれています。
そして、昔から紡がれてきたゆったりとした空気感があります。
あまりなじみが薄い人でも気軽に「湯治文化」に触れて、ゆったりとした癒しを体感してみてください。

湯治宿に泊まってみよう!の写真
温泉街を散策しているイラスト
吉野屋の湯治はここが違う!

①よくある湯治のイメージ:部屋に鍵ナシ、下手するとふすま続き →吉野屋:カギ有、部屋は踏み込みがあるので「扉を開けたら急に部屋」ということもない

②よくある湯治のイメージ:トイレは和式。下手すると水洗でもない →吉野屋:共同ではあるがウォシュレット完備

③よくある湯治のイメージ:食事は自炊 →吉野屋:夕食付を提供。食事は部屋出しか個室食

④よくある湯治のイメージ:長泊まりしか受けない →吉野屋:1泊からOK

初心者レベルにちょうどいい!プチ湯治体験
当館ではこんな風に過ごしてみてください

1.鮮度抜群の湯につかるべし!

・・・長湯をせず、2度、3度の短い入浴がオススメ

2.せかせかせず、大温泉の自然にのんびりすべし!

・・・地元の人とも気さくに話せる。これが湯治の精神

3.華やかな食事ではなく、旬の味覚を楽しむべし!

・・・女将の手作り料理なので、気軽な気持ちで食べてください

4.古い建物に田舎の家を感じ、自然体でリラックスすべし!

・・・みんな気を開放しに来ています。寝巻きで出歩くお客様もいらっしゃるのでそのつもりで・・・
温泉に入っているイメージのイラスト

〒025-0305 岩手県花巻市台2-57-1
TEL:0198-27-2744 FAX:0198-27-2921